住宅ローン借り換えの手順~必要書類

住宅ローン借り換えの審査におちない為にも手順や必要書類はきちんと確認しましょう。 - 用意をする書類について

用意をする書類について

住宅ローンの借り換えをする場合、いくつも書類を用意しておかなくてはなりません。
すぐに書類を用意することができないこともありますから、どんな書類が必要なのかを調べておいて、あらかじめ必要種類を用意しておくようにしましょう。
ではどんな書類が借り換えをするときに必要になるのでしょうか?

まず個人の証明書類と、資金用途の証明書類、そして所得の証明書類が必要となります。

印鑑証明や住民票が必要

個人の証明書類として必要になるのは、印鑑証明や住民票となっています。
住民票は1通取得するだけで問題はありません。
ただし印鑑証明というのは、金融機関に提出するだけではなく、登記用であったり保証会社にも提出をしなくてはならないですから、
印鑑証明は3通取得をしておきましょう。
さらに、健康保険や運転免許証といった公的書類も用意をしておいてください。

資金用途で必要なもの

次に資金用途の証明書類というのは、その建物に関係をしている書類となっています。
例えばパンフレットや建築見積書が、ここでいう書類となります。
住宅を買う時に受け取っていたりしているので、この書類は処分をせずに保管をしておいてください。

そして最後に所得の証明書類として、所得証明書を用意しておく必要がありますが、これは給与所得者に限りです。
自営業として働いているのであれば、納税証明書や確定申告書が所得のの証明書類として使われることになります。
会社の社長なのであれば、決算の書類も提出をしておかなくてはなりません。
会社員の場合は、所得証明書だけではなく、勤務年数の証明書類も必要となります。
詳細な書類情報は住宅ローン借り換えの事ならホムロンで確認することをオススメします。
初めてのローンについての手順も詳細に記入されています。
http://www.design-home.co.jp/tekkotu/

Copyright(C)2013 住宅ローン借り換えの手順~必要書類 All Rights Reserved.